横浜スタジアム|日本の球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » 日本の球場グルメ » 横浜スタジアム

横浜スタジアム

形状

落成時には日本のプロ野球本拠地球場の中で両翼・中堅までの距離が最も広い球場であったが、当時の他球場が次々と廃止もしくは改修された結果、現在では逆に最も狭い球場となっている。

内野スタンドの前段とピッチャーズマウンドは日本で初めて可動式を採用した。野球開催時(通常時)はグラウンドの形状が扇形になっているが、アメリカンフットボールなどの試合を開催する際は一塁側・三塁側の可動スタンドを移動させてグラウンド形状を長方形に変更することが可能であった。
また、マウンドは昇降式であり、野球以外のイベント開催時にはマウンドを降下させ、その上に骨組みを組み、さらに人工芝マットを敷くことでグラウンド全体を水平にすることができる。

この可動スタンドや昇降式マウンドは、いずれもプロ野球以外の興行への使用を前提に設置されており、横浜スタジアムは日本で初めて設計段階から多目的スタジアムとして造られた建築物といえる。
二塁ベース後方を中心として真円形に作られたフィールドなど、アメリカで1960年代から1970年代にかけて流行したアメフト兼用球場の影響が見てとれる。
この設計思想は後のドーム球場等にも取り入れられた。
また、日本のプロ用野球場としては初めて、建設時から全面人工芝グラウンドと電光掲示式スコアボード、および映像表示装置を設置している。

オススメ球場グルメ

みかん氷:350円

カキ氷に缶詰のミカンと汁をぶっかけただけの代物だが、完成度は高く、素晴しく美味い。
溶けてシャーベット状になると堪らない。
みかん氷、恐ろしい子!!

ベイドック:400円

球団推薦のソーセージドッグ。 サイズは大きくないが、ソーセージはプリプリでなかなか美味い。
みじん切りのピクルスと玉ねぎはかけ放題。

いなりのり巻き:650円

天保から続く老舗・泉平の寿司セット。
細長いおいなりさんはダシが十分に染み込んでいて噛めば噛むほど溢れ出す。
海苔巻きの具はかんぴょう。
ただ、美味いが少し値段が高いような気もする。

シウマイ弁当:810円

横浜名物・崎陽軒のシウマイ弁当。
おかずの種類は少なく、量も多くないが、さすがにシューマイは美味い。
駅前で販売されている物との違いはパッケージだけなので、こだわりが無ければ100円安い駅前で買うことをお勧めする。

横浜ドーナツ:200円

値段の割りに大きなドーナツはふわふわだが食べ応えは抜群。
ただ、それ以外にこれといった特徴はない。


LINK

  • ドライバー 派遣 岐阜
    ドライバー専門専門求人サイトだからこその求人情報の質と量。大手求人媒体やハローワークなどで求人探しをしている方!是非ドライバー派遣ドットコム【東海版】をご覧ください。ぴったりの求人情報が見つかります!
    www.tokai-driver-haken.com/