西武ドーム|日本の球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » 日本の球場グルメ » 西武ドーム

西武ドーム

形状

国際規格を満たす球場としては日本では一般的な両翼100m、中堅122mの大きさである。
開場当初は両翼95m、中堅120mで、1979年当時としては最も広い球場であったが、1990年代には他球場が続々と国際規格を満たす様になったためにドーム化工事に伴ってスタンドが削られ、1999年から現在の大きさに拡張された。
ファウルポール際のスタンドにその名残がある。

グラウンドは開場当初より全面人工芝である。当初はパイル長が短く、フィールドの色も「いかにも人工芝」という鮮やかな一面のグリーンであった。
またホームベース後方には英筆記体のLionsのロゴ、一塁側ファウルゾーンにはペットマークの「レオ」が描かれ長年ファンに親しまれていた。
2008年に人工芝の全面張替えを実施し、新型人工芝「アストロステージMJ」が採用された。これは長さの違う二種類の芝を組み合わせ、より景観や機能を天然芝に近づけたもので、一見天然芝のような自然な雰囲気に落ち着いた。この張替えの際、ベンチ変更が検討されていたこともあって球団ロゴとレオマークのペイントが一旦廃止されたが、このうち球団ロゴのみが2009年からホームベース後方に、ライオンズのユニフォームスポンサーであるナイキのロゴマークと横並びで復活した。
三塁寄りが球団ロゴとなっていたがこれもすぐに廃止されている。
2014年現在は三塁ベンチ上に球団ロゴが、外野フェンスにナイキのロゴがデザインされている。

オススメ球場グルメ

ゲンキ丼:600円

3塁側外野席付近で売られている。 ジューシーでカラっとしたから揚げと、甘酸っぱい熱々の餡の相性が絶妙の一品。
具、あん共に量は少ないが、丼物の中でもお勧めの一品。

モツ煮:350円

量はあまり多くはないが、大根やこんにゃく、モツがたっぷり入っているので満足度は高い。
味はあっさり味でなかなかいける。

ジャンボ串カツ:350円

とにかくデカいので食べ応え十分。
肉も柔らかくジューシーで味もなかなかいける。

中華レストラン「獅子」:1500円

3塁側にある中華レストラン。
ここでは1500円で本格中華料理やラーメン、ソフトドリンクが食べ放題飲み放題。
前売りでは内野指定席とセットで3000円と格安のチケットも販売されている。

トリチリ丼:600円

じっくりと煮込まれた鶏の胸肉は柔らかく、ふわふわの玉子が入ったチリソースは辛さが控えめでご飯にピッタリ。
注文が入ってから盛り付けてくれるので温かいのも良い。