QVCマリンフィールド|日本の球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » 日本の球場グルメ » QVCマリンフィールド

QVCマリンフィールド

形状

サッカーコートが収まる大きさにしていたがスライド式可動席を採用しなかったため、同クラスのフェアグラウンドを持つ野球場よりかなりファウルグラウンドが大きくなっている。
ロッテが本拠地としてからフィールドウイングシートが増設されるまで、NPBの球団が一軍本拠地とする球場の中でグラウンド面積が最も広かった(公式発表では阪神甲子園球場がより広かったが訂正されている)。
フィールドウイングシート設置後のグラウンド面積は公表されていない。

グラウンドは全面人工芝で、2003年初めにアストロ製のショートパイル人工芝「ネクストターフ」(パイル長30mm)に張り替えられた。張替え当時はいわゆる「ハイテク人工芝」と称された高機能型であった。
2009年頃からパイル硬化などの劣化が指摘され、ロッテは同年オフ、千葉市に対し人工芝の張替えを求める要望書を提出した。
千葉市は慢性的な財政難のため、張替え費用を捻出することが困難としたため、約5億円の工費はロッテ球団が立て替え、市が2011年度から6か年かけて返済する形で費用を工面することが決定した。

2010年オフから張替えに着手し、同年末に着工して2011年2月下旬に竣工。アストロ製のショートパイル型「アストロステージMJ〔マリンヴァージョン〕」(パイル長32mm)が採用された。基本は西武ドームなどに敷設されているものと同品種だが、マリンスタジアムではロッテ選手会の要望などを踏まえ、芝の下に敷設するアンダーパッドの下部に緩衝材を敷き、足腰への衝撃を軽減する工夫が施されている。
パイル一本一本には芯が入っており、より天然芝の感触に近付けて仕上げている。
施工したアストロの関係者は「選手の要望にいかに応えられるかが醍醐味。
選手が最高のプレーをして、勝ってくれるのが一番嬉しい」と話している。

オススメ球場グルメ

モツ煮:400円

今やこのスタジアムの名物となりつつあるモツ煮。
球場内のいたる所で販売されているが、その中でもセンターバックスクリーン裏のサンマリンで販売されている物がお勧め。
全体としての量は多くないが、柔らかいモツがたっぷりで美味い。もう少し肉の鮮度が高ければ言う事はないのだが。

月見そば:450円

これといった特徴はない普通の月見そばだが、出汁が効いているうえに、そば自体にコシもあってなかなか美味い。

ガナドック:400円

パンではなく、ナンとソーセージの組み合わせたホットドック。
トッピングのチーズもトロトロで美味いが、サイズが小さすぎてボリュームはまったくない。
また、時間がたつと共に硬くなるという欠点も併せ持つ。

チーズステーキサンド:650円

大きめのフランスパンにたっぷりのチーズとステーキ肉が入っている。
一応、ステーキ肉としたが、個人的にはこんなペラペラの肉をステーキ肉とは言いたくない。
この内容でこの値段なら他のものを食べたほうがいい。

千葉特産いも豚丼:650円

千葉県産の芋豚は甘口のタレで煮込まれていてなかなか美味い。
ただ、値段の割にはボリュームがないのが残念なところ。