ヤンキー・スタジアム|アメリカの球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » アメリカの球場グルメ » ヤンキー・スタジアム

ヤンキースタジアム

なんといっても、ホットドッグとビール!
という考え方はもう捨てましょう。はっきりいって20世紀の産物、歴史に埋もれた都市伝説です。
ホットドッグ、これはもうスタジアムで食べても、ニューヨークの街中で食べても同じです。よっぽど日本のお祭り屋台にある具のない焼きそばの方が風流という味があります。

形状

外野フェンスが左右非対称な形状をもち、極端に深い左中間に比べて右翼側が狭くなっているため、旧スタジアムの時代から、右打者に比べ左打者に有利なことで知られてきた。
2009年に新スタジアムが開場すると、一試合平均4本以上の本塁打が飛び交っており、大リーグの全本拠地球場の中でも一試合当たりの本塁打数が著しく多い球場となった。また、その本塁打の大半がライトスタンドに入っており、左打者に対して極端に有利な球場とみなされている。

2009年以降、ヤンキースのホームでの本塁打量産率はロードの約1.5倍になっている。米気象会社であるAccuWeatherは、新スタジアムでの本塁打約20パーセントが旧スタジアムでは本塁打になっていないと分析している。

原因として、旧スタジアム時代には存在していた右中間の平均的な膨らみが削られたことや、立地の関係でかつては右翼から本塁に向かって吹いていた緩やかな向かい風が、現在では本塁から右翼上空へと客席から吹き抜ける追い風となっているため、打球が伸びるようになったことなどが指摘されている。

他球場では平凡な右飛となるであろう打球がそのままスタンドインするといった光景が頻繁に見られる。それに対応して右投手にとっては極めて不利な球場になった

オススメの食べ物

面白い食べ物を一つ紹介します。オレオクッキーってご存知ですよね?これを揚げたものがあります!その名は「フライド・オレオ」。
ニューヨーク市内にあるちょっとお洒落なレストランではデザートとして出しています。
チェルシーマーケットというのがニューヨークのミートパックエリアにありますが、オレオクッキーの生まれ故郷がチェルシーマーケットです。

人気の食べ物

人気のある食べ物はまず「クラッカージャック」というキャラメルあえポップコーンです。「テイク・ミー・トゥー・ザ・ボールゲーム(私を野球に連れてって)」曲の中でも歌われているほど、野球とはきっても切れないお菓子です。
通常のポップコーンももちろんあります。あとは忘れていけないピーナッツとプリッツェル。
「ピーナッツ!」と売り子に叫べば、ピーナッツをストライクで返球してくれます。あとは、忘れてはいけないのがヤンキースのミニヘルメットに入ったアイスクリーム。
カップのヘルメットはお土産にどうぞ!

飲食物料金一例(ただし、値上がりしているものもあるかもしれません)

★ドリンク類
ビール(ドラフト) $6~11.00
ビール(ボトル) $8.50
水 $5
コーヒー、ティー $4.00
コーラ類 $5.00
シェイク $7.00
ホットドッグ 小 $5.50~
ホットドッグ 大 $6.75

★メインデッシュ
ピザ $5.00
ジョニーロケッツのハンバーガー $9.00(他にもいろいろ有り)
スライダー(ミニバーガー)2個で$6.75 / 3個で$10.00
イタリアンソーセージサンドイッチ $8.00【おススメ】
フィリーチーズステーキサンドイッチ $10.75 【おススメ】
アメリカンドッグ(コーンドッグと呼びます)$4.00~ 【おススメ】
カリフォルニアロール $9.00
チキンフィンガー(フライドポテト付) $10.50【おススメ】
※ポークサンドイッチは美味しかったです。確か$10くらいです【おススメ】

★サイド
オニオンリング $6.00
フライドポテト $5.00 ~ $8.00

★おやつ
プリッツェル $4.50
クラッカージャック $5.75
ピーナッツ $5
アイスクリーム(ヘルメットカップ) $6.50【おススメ】

★特別メニュー
キッズメニュー(コーラ、ミニホットドッグ、プリン) $3.00【おススメ】-2012年はもう消滅した模様
セクション118の屋台のみ。

ヤンキー・スタジアムでの注意点