コメリカパーク|アメリカの球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » アメリカの球場グルメ » コメリカパーク

コメリカパーク

「タイガース」の本拠地ということで、場内の至る所に虎の像がある。左翼スタンド後方のスコアボードの上にある2頭の虎の像は、タイガースの選手がホームランを打つと目が緑色に光る。
また、一塁側スタンド裏には回転木馬ならぬ回転木虎“ビッグ・キャット・コート”がある。
「コメリカ・パーク」をホームグラウンドとする「タイガース」が3塁側を使用し、1塁側をビジター(遠征)チームが使用する。

形状

大リーグの本拠地球場の中で、外野が最も広い球場の一つ。
三塁打が多く本塁打が出にくい。球場オープンから3試合本塁打が出なかったが、これは1990年以降にオープンした大リーグの球場では初めてのことだった。余りに広かったため、2003年シーズン終了後に左中間を395フィート(約120.4メートル)から370フィート(約112.8メートル)へと変更した。
タイガー・スタジアムからの伝統として、フェアグラウンド内の中堅フェンス手前にフラッグ・ポールが立っていたが、前述の通り左中間フェンスを手前に出したため、今はフェンスの奥にある。
また、ホームプレートはタイガー・スタジアムで使用されていたものを引き続き使っている。

ブルペンは右翼フェンス後方に2段式(上段がビジターチーム用、下段がタイガース用)で備えられていたが、2005年シーズン終了後に左翼フェンス後方、かつてのフェンスと2003年シーズン終了後に前に出した新たなフェンスとの間へ移動した。右翼のブルペン跡には950の座席が新たに設けられた。

フードサービス

この項については編集中です。