USセルラー・フィールド|アメリカの球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » アメリカの球場グルメ » USセルラー・フィールド

USセルラー・フィールド

スモールマーケットゆえの財政難に悩まされ続けてきたツインズとしては待望の新球場であり、観客動員の大幅増によってスター選手の引き留めや大物選手獲得を実現させる狙いがある。
2014年にはオールスターゲームが開催される予定です。
ちなみに命名権を取得したターゲット・コーポレーションは地元ミネアポリスを本拠とするディスカウントチェーン。

形状

・左中間や右中間にふくらみがなく、またフェンスもわずか2.4メートルしかないため、非常に本塁打が出やすい。
・内野の土やホームプレートは旧球場のものを使っている。

設備

・爆音スコアボード:ホワイトソックスの選手がホームランを打つと、スコアボードの上に設置された7つの風車が大きな音を立てて回り出し、花火が打ち上げられる。旧球場からの名物を引き継いだ。

・相手チームの投手が降板するとき、地元シカゴ出身のロックバンド・スティームの『Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye』のサビがオルガンで流れ、ファンが大合唱する。また、試合終了後には『Sweet Home Chicago』が流れる。

・「USセルラー・フィールド」をホームグラウンドとする「ホワイトソックス」が3塁側を使用し、1塁側をビジター(遠征)チームが使用する。

フードサービス

ホットドッグコーナーには、いろんな種類のソーセージが並んでいます。
”7つのホットドッグ”もまんざら都市伝説レベルではなさそうです。
その中でもポリッシュ・ソーセージって奴が有名みたいです。
炒めたタマネギが大量に入ってるホットドッグです。