セーフコ・フィールド|アメリカの球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » アメリカの球場グルメ » セーフコ・フィールド

セーフコ・フィールド

マリナーズはキングドームを本拠地球場にしていたが、施設の老朽化に加え、ドーム球場の閉塞感などに対するファンの不満が高まっていたため、1990年代に入り新球場建設を決定。
1995年10月14日、州議会臨時会において、新球場建設資金提供法案が可決され、地元自治体の支援を受け建設することとなった。

形状

左中間が深く、右打者は苦戦する。外野が広いため、守備範囲の広い強肩の外野手が求められる。
春先はシアトル特有の湿った空気でボールが重くなり、長打が出にくい傾向にある。
内野の天然芝が長めなことやシアトルの湿った気候も影響してか、グランドボールを打った場合は打球が失速しやすい。右打者や左の鈍足打者は、外野へ抜ける当たりも失速して内野ゴロアウトとなる傾向が他の球場よりも多く見受けられる。
また、球場別パークファクターでは、毎年のように「ヒットが出にくい球場」というデータになっている。

改修

フェンスを動かして打者に有利にするという案が以前より出ており、2012年10月、マリナーズのGMのジャック・ズレンシックは、セーフコ・フィールドの改修を決定した。 改修後は左中間が大幅に狭くなり(ライト方向もわずかに狭くなる)、右打者不利が是正されると予想されている

フードサービス

クラムチャウダー・スープ

Ivar's(アイバーズ)
シアトルを代表する「クラムチャウダー・スープ」の老舗レストランのファスト・フード店。
何といっても、そのクリーミーさは、全米No.1!
お店では、パンの器にクラムチャウダースープが入った「Bread Bowl(ブレッド・ボウル)」も売っていますが、ちょっと食べにくいので、普通のカップでいいかも・・・。
クラムチャウダースープ以外では、「フィッシュ&チップス」(白身魚のフライとフライドポテト)もおいしいです。

ガーリックフライ&テンダーチキン

grounders(グラウンダーズ)
セーフコ・フィールドの名物「ガーリックフライ」は、一度お試しください。
名前だけ聞くと、”ニンニクフライ”のように思えますが、違います。たっぷりと刻みニンニクがふりかけてある”フライド・ポテト”です。
食べるポイント・・・①一部の店では、ガーリックフライとテンダーチキンをセットで買うことができます。このテンダーチキン(いわゆる揚げたクリスピーチキンです)もおいしいので、ふたつの味を楽しむ事ができます。その他の店は、セットを売っていません。②温かいうちに食べる。

フィリーチーズステーキ・サンドイッチ(2010年新登場)

CHEESESTEAK EXPRESS(チーズステーキ・エクスプレス)
フィリーというのは、東海岸の街フィラデルフィアのこと。フィラデルフィア名物のサンドイッチですが、シアトルでも大人気です。
Philly Cheese Steak(フィリーチーズステーキ)は、薄切りのビーフとオニオンを炒めたものにとろけるチーズがかかったサンドイッチです。しかし、サービスが良すぎて、ちょっとチーズが多すぎるかな??(写真)って感じです。
あまりクドイのが嫌な人は、注文する時に『ライト・チーズ!(Light Cheese)』と言えば、少なめにかけてくれるでしょう。


LINK

  • レスポートサック
    レスポートサックのアイテムをブログでご紹介しています。新作情報もたくさんあるので、チェックしてみてください!
    shopblog.lesportsac.co.jp/