マーリンズ・ボールパーク|アメリカの球場グルメ|日米野球場グルメ比較一覧

トップページ » アメリカの球場グルメ » マーリンズ・ボールパーク

マーリンズ・ボールパーク

マイアミ市のダウンタウンに位置する。
かつてのマイアミ・オレンジボウルの跡地に建設され、2012年に開場した。

形状

新たに建設された野球専用の球場で、3塁方向からライト方向へとスライドして開閉する屋根を有する。
球場全体は四角く、レフト方向の外野席は膨らみがほとんどなく極端に少ない。
天然芝を敷いてあるグラウンドは特異な形をしており、いびつな形であるうえに外野中央部のやや左にフェンスが丸くフィールドへと張り出した部分がある。
この部分には「ホームラン・フィーチャー」と名付けられた高さ10mほどの巨大なオブジェがあり、ホームランの際には電飾や花火でそれを祝う仕掛けとなっている。

設備

本塁の右後方、バックネットの下には地元フロリダの海を泳ぐ熱帯魚が入れられた大型水槽が備えられており、観客席やテレビ中継でも見ることができる。

フードサービス

この項は編集中です。